記事一覧

ABOX-5210G

公共交通機関における新型コロナウィルス感染症対策

September 23, 2020

問題

バ公共交通機関利用者の新型コロナウィルス感染リスクを防止または最小限に抑える方法。

解決策

SINTRONES ABOX-5210Gを実装すると、運転手と乗客間の交差感染のリスクを回避できます。

ABOX-5210Gによって実証されたPoE機能により、IPカメラとNvidia GPU GTX1660を接続して、ドライバーは 乗客 がフェイスマスクを着用しているかどうかを確認できます。また、このシステムは、過密状態を回避し、十分な間隔の確保を強化するために、車両内の乗客の流れを監視および管理するのに役立ちます。さらに、ABOX-5210Gは、リアルタイムな位置情報をバスの乗客に提供し、バスに何人がいるかを判断し、最大容量に達したときにアクセスを制限します。さらに、車内の混雑状況によって乗客は事前にスケジュールを調整し直すことができます。

ABOX-5210Gは、車両、公共交通機関、その他の関連公共施設に導入でき、公共交通機関の安全に保つのを支援します。

利点

このソリューションは、フェイスマスクの使用、乗客の流れ、社会的距離を管理し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のようなパンデミックに関して、 公共交通機関の職員が直面するあらゆる課題への対応を支援します。

AI GPU搭載パソコン

ABOX-5210G

ABOX-5210G

Intel Gen 10th 10 Cores Xeon, i9 CPU w/ 10 x GbE (Optional 8 x PoE)/3 x COM/ 3 x DP/ 2 x HDMI/4 x USB 3.0/ NVIDIA® GeForce GTX GPU/ 9-48V Input Edge AI GPU Computing.

詳細についてはSINTRONESのウェブサイトをご覧ください : www.sintrones.jp, 製品情報 / エッジAIコンピューティング.